サイトマップ

除草剤を使わない雑草防除

除草剤 サンフーロン 特価販売

サンフーロンをお得にお求め頂けるキャンペーンも実施中です!

庭の雑草に除草剤を使用しないで防除する方法について

庭に生えてくるしつこい雑草に対して、除草剤を使わないで対処する方法はないかと思い調べた事をご紹介致します。

まず、雑草をどうにかしようとした場合の選択肢を考えてみます。
・雑草を枯らす。
・雑草を抜く。
・雑草を刈る。
・雑草を生えなくする。
このような方法が考えられます。

さて、一番確実な方法は、「雑草を抜く」です。
これに関しては、皆さんも経験があり実感できるかと思いますが、
確実な代わりに「抜く」という体力的に最もキツクなる手段ではないでしょうか。 生えている雑草を手でつかんで根っこごと抜くのです。それに要する力は、徐々に指先に蓄積され、小さな雑草といえども何十、何百と生えていると気が滅入ってしまいます。

次の方法ですと、メジャーな所からいくと「雑草を刈る」でしょうか。
鎌で刈ったり、草刈り機で刈ったりといった具合です。
鎌はよく切れるものは、狭い場所なら意外と早く済んでしまうと思います。
面積の広い場所なら草刈り機の出番です。燃料が必要な点、機械で高速回転する刃物を扱うので危険が伴う、重量があるので長時間は肩への負担がすごくあるといった点が難点です。しかしながら、目の前に広がる生い茂った雑草をバッサバッサを刈っていくのは爽快です。
この鎌や草刈り機で雑草を刈るという対策は、夏場ですと刈った株から2週間程度でまた雑草が生えてきてしまうことをどう考えるかが大きな課題です。
単純に考えて3週間もすれば、その場所を眺めながらまた草を刈らないとなと思うことでしょう。

次に「草を枯らす」についてです。
この対策に除草剤は分類される訳ですが、今回は除草剤を使わない場合の対処方法ですので、その他の方法を考えてみます。
良くあるのが、「熱湯」です。アツアツの湯を雑草に掛けてダメージを与えます。瞬時に茹で上がったような状態にしてしまう訳です。そうすると傷んだ雑草を徐々に変色し枯れていきますが、アツアツの熱湯が実際に掛かった極わずかな範囲の雑草にのみ効果があるだけなので、直に新たな雑草が生えてきます。
熱い鍋を我慢して何度も庭とキッチンを往復するだけの価値が見込めるのかは疑問です。
熱湯の他には、塩も結構耳にします。
塩を庭に撒くわけです。
津波の後の田畑への塩害といわれているように、塩分濃度の高い土では植物は生育できないのです。
ということは、そのような塩害に近い状況を自ら作り出すと、その後何か庭で植物を育てたいと思っても上手く育たないでしょうし、もしその高濃度の塩分が雨水で住宅周囲の鉄の部分などに流れていくと錆びてしまいます。ご近所の敷地へ流れ込むことになれば、予想外の場所で被害がでるかもしれません。
塩を撒くのは効果的ですが、もろ刃の剣です。とても有効な雑草対策とはいえません。

最後に「雑草を生えなくする」です。
これは、大がかりな手段が多い気がします。
例えば、植物の種子が混入していない山から掘り出した土などと庭の土を入れ替える方法です。これはコストもかかり大がかりですが、やがて飛来した種子が発芽して元の通り雑草が生えてくるでしょう。
他には、コンクリート敷きにしてしまう、レンガを敷き詰める等もあります。造園業者への依頼やコストを考える必要があります。
比較的容易と思われるのが、防草シートです。防草シートは、雑草を抑えたい場所を整地してそこへシートを敷き専用ピンで固定するといった形になります。光合成ができない雑草は、上手く発芽や成長ができないために実質雑草を抑えることができます。多くの場合、庭へ防草シートを敷く時は見た目を重視して防草シートの上に化粧砂利などを敷いて飾ります。

以上、除草剤を使用しないで庭の雑草対策する方法についてでした。

サンフーロンまとめ
除草剤 サンフーロン 特価販売

【販売・お問合せ先】
株式会社アイ・エイチ・エス
千葉県匝瑳市堀川276
TEL:0479-67-2623

除草剤 サンフーロン

ページのトップへ戻る