サイトマップ

ツル性の雑草|除草剤 サンフーロン

除草剤 サンフーロン 特価販売

サンフーロンをお得にお求め頂けるキャンペーンも実施中です!

ツル性の雑草について

迷惑と感じる雑草の中でも、駆除に手を焼く種類の雑草にあげられるのが、ツル性の雑草です。

代表的なものは、クズ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、ガガイモ等があります。これらは、茎が蔓状に伸びどこまでも伸びていき、農業、植木の現場でも作物に悪影響を与える為に問題視されます。

ヤブガラシは、その名の通り「藪を枯らす」程の生育が旺盛で、一度生息してしまうと、地上部を除去しても、地中部の根が生きている限り新たな芽を出し、また伸び始めます。

このようにヤブガラシを筆頭に、つる性の雑草は完全な除去が困難な上にそのままにしておくと周囲の植物に悪影響を与えてしまいます。

ツル性の雑草を防除するには?

まず、地上部のみを処理して「よし!」と思ってはいけません。
直ぐに地中から次の芽が出てきます。ということで、刈る、切る、抜く(根が綺麗に全て取れない)ことでの完全処理は不可能です。

防草シート、除草シートで覆う?これも中々難しいです。根がもしシートの端付近で残っていたらシートを除けて地上に芽を出し、やがてシートの上を覆ってしまう可能性があります。
また、防草シートを敷いた近くに、つる性の植物がある場合もシートの上に伸びてくるので注意が必要です。

除草剤を散布する?除草剤を散布する方法が一番効果的ですが、除草剤の種類と方法を間違ってはいけません。
まず、地表部のみを枯らすタイプではなく、根まで枯らすタイプを選ぶ!

次に、噴霧器などで散布するのではなく、つる性植物に直に塗る!茎にキズをつけてそこへ塗る!他の雑草があってもまずは、つる性の雑草のみをターゲットにする意気込みで処理した方が確実です。
このようなタイプの除草剤は、ラウンドアップマックスロード、サンフーロン があります。

ツル性の雑草への注入処理

竹と異なり、つる性雑草は茎が細く幹の中に注入するのは難しいです。
そこで表皮を傷つけてそこから染み込ませる方法です。
やり方は地際近く(50cm程度)の1~3ヶ所にナタ等でつるに傷をつけ、そこに原液を吹きかけます(又は塗る)。
ツルの途中で根を生やす種類の雑草は一か所に薬液を滴下しても大本まで浸透できない場合があります。
これが葉面への散布で枯らしにくい原因です。

サンフーロンまとめ
除草剤 サンフーロン 特価販売

除草剤 サンフーロン

【販売・サイト運営】
株式会社アイ・エイチ・エス
千葉県匝瑳市堀川276
TEL:0479-67-2623

【製造元】
大成農材 株式会社
広島市中区鉄砲町7-8
TEL:082-222-6644

ページのトップへ戻る