サイトマップ

雑草の種類別に除草剤を散布する時期

除草剤 サンフーロン 特価販売

サンフーロンをお得にお求め頂けるキャンペーンも実施中です!

雑草の種類別に除草剤を散布する時期

除草剤のサンフーロンを散布するにあたり、特に良く見かける雑草やしつこい雑草について、散布時期や希釈倍率を表にしました。

雑草別の除草剤散布表 時期

雑草別の散布時期と希釈倍率の目安です
タンポポ
タンポポ
100倍
3~4月
-
セリ
セリ
50倍
3~4月
-
ギシギシ
ギシギシ
100倍
3~6月
-
スズメノカタビラ
スズメノカタビラ
100倍
3~5月中旬
-
スギナ
スギナ
25倍
4~6月
東北6月頃
北海道6~7月
スギナは、草丈が15~30cm程度の時に撒布してください(スギナへの散布方法)。
オオバコ
オオバコ
100倍
3~6月
-
イタドリ
イタドリ
100倍
3~6月
-
ツユクサ
ツユクサ
50倍
3~8月
-
ヨモギ
ヨモギ
50倍
5月中旬~7月
-
チガヤ
チガヤ
50倍
6月~7月
-
ヤブカラシ
ヤブカラシ
50倍
7~9月中旬
-
ドクダミ
50倍
8~10月
根の再生力が強い雑草です。再生した場合念入りに散布します。
ハマスゲ(コウブシ)
ハマスゲ
50倍
7月~9月
-
ヨシ(アシ)
ヨシ
50倍
7~9月
-
セイタカアワダチソウ
セイカタアワダチソウ
50倍
8~10月
大きく成長すると根まで枯らしにくくなります。
花が種を付ける前に念入りに枯らしましょう。
クズ(カズラ)
クズ
50倍
8~10月
-
クログワイ
クログワイ
50倍
9~10月
水田に見られる難防除雑草です。
緑の部分に吸収されるので稲刈りの1~2週間後に葉が再生したころがねらい目です。
ススキ
50倍
8~10月
株が非常に大きくなる植物です。
2~3回にわけて念入りに株元から葉にかけましょう。
ササ(シノ)
ササ
30倍
9月中旬~12月
-
-
原液を注入
6~8月
竹を枯らすには、原液を竹に注入します。枯れるまで長期間必要です(竹への使用方法)。

※散布の時期は、目安としてご覧ください。良く成長する時期は早く効果が表れますが、上記以外の時期でも雑草は枯れます。

関連

使用方法について

除草剤 サンフーロン

【販売・サイト運営】
株式会社アイ・エイチ・エス
千葉県匝瑳市堀川276
TEL:0479-67-2623

【製造元】
大成農材 株式会社
広島市中区鉄砲町7-8
TEL:082-222-6644

ページのトップへ戻る