サイトマップ

除草剤サンフーロン 使い方

除草剤 サンフーロン 特価販売

サンフーロンをお得にお求め頂けるキャンペーンも実施中です!

除草剤サンフーロンの使い方

  1. 最適な散布の環境は、雨が降らず、風が強くない、天気の良い日です。
  2. 希釈には、綺麗な水を使用します。農業用水路の水は避けます。
  3. 雑草の葉全体にムラなく散布します。(しっとり濡れるぐらいに)
  4. 雑草の種類によって薬量を変更して下さい。

除草剤サンフーロンの散布液の作り方

基本は100倍で希釈

100倍の液剤

【例】10Lの水に100mlのサンフーロンを入れます。

100倍の雑草

※100倍で散布する雑草
タンポポ、オオバコ、ギシギシ、スズメノカタビラ等。

頑固な雑草には50倍で希釈

50倍の液剤

【例】10Lの水に200mlのサンフーロンを入れます。

50倍の雑草

※50倍で散布する頑固な雑草
ヤブガラシ、セイタカアワダチソウ、クズ、ハマスゲ、クログワイ、ヨシ、ツユクサ、イタドリ、チガヤ、セリ、キシュウスズメノヒエ等。
その他しつこい多年生雑草にも50倍で散布。

スギナには25倍で希釈

25倍の液剤

【例】10Lの水に400mlのサンフーロンを入れます。

ササには30倍で希釈

30倍の液剤

【例】10Lの水に330mlのサンフーロンを入れます。

竹には原液を使用

関連ページ

生産者の方へ

水田での上手な使い方

水田雑草クログワイの対策には、農薬登録 水田作物(水田刈跡)より50倍(10a当たり薬液1L,水量49L)で使用します。
稲刈り後の9~10月にクログワイの緑色の茎葉が十分ある時に散布します。
地下茎にできる塊茎まで枯らすことで翌年の作業効率がラクになります。

畦畔の雑草は斑点米カメムシの温床になります。農薬登録 水田作物(水稲畦畔)より50倍~100倍で使用します。
稲刈り後の秋に散布して翌春の除草作業を軽減しましょう。
※低温期には効果の発現が遅くなります。雑草が緑色をしていることを確認してください。

耕起前の上手な使い方

サンフーロンは浸透移行性があるので、根に移動して枯らします。
耕起だけでは土の中で生き残る雑草も、先にサンフーロンを散布しておけば根から枯れて再生を防ぎます。
使用時期は登録内容をご確認ください。

除草剤の散布には?

サンフーロンの散布には少量散布用ノズル(泡状ノズル)が効率的です。葉にかかれば根まで移動するので少量散布(葉全面ではなく斑状がある程度)が可能です。

ご家庭での使用

スプレーで散布する時の使い方

小範囲でなら手動のスプレーを使うと簡単に散布できます。
500mlスプレーなら液剤20mlと水480mlで25倍液となり、ほとんどの雑草に効果抜群です。
※うまく使うコツは、葉や茎など「緑色の部分から吸収される」ので葉にかかるように意識して散布します。
 かかった雑草の根に移行して根まで枯らすので、薬剤がかからないよう注意すれば枯らしたい草だけ枯らすことができます。
霧状よりも、やや粒径の大きな泡状噴出のスプレーがお勧めです。

ジョウロで散布する時の使い方

ジョウロで散布

ジョウロでも散布することができます。地面に落ちた液剤は分解されますので安心です。
普通にジョウロで散布すると一度に大量に出てしまいますので、ジョウロの口3分の2をガムテープ等で塞いでお使い頂くと効率的です。

※うまく使うコツは、葉や茎など「緑色の部分から吸収される」ので葉にかかるように意識して散布します。
 土からは吸収されないので草刈り跡や種の時期ではなく、草が育っている時期を狙いましょう。

関連ページ
サンフーロンまとめ
除草剤 サンフーロン 特価販売

除草剤 サンフーロン

【販売・サイト運営】
株式会社アイ・エイチ・エス
千葉県匝瑳市堀川276
TEL:0479-67-2623

【製造元】
大成農材 株式会社
広島市中区鉄砲町7-8
TEL:082-222-6644

ページのトップへ戻る